<日本エンバイロ工業株式会社>

私達の願い

会社概要

HOME

主要製品

事業拠点

製品カタログ


■営業と開発の沿革

昭和50年 2月  資本金450万円にて日本エンバイロ工業株式会社を設立。

          化学機器及び公害防止機器の製造、販売を行う。 脱水機ミニカールを完成。

昭和50年11月  愛知県西春日井郡に工場新設。 メッキ用ろ過機グリーンフィルター量産化。

昭和51年 4月  名古屋市千種区堀割町に本社移転。

昭和52年 3月  事業拡張に伴い名古屋市西区山木に工場移転。 排水処理装置発売開始。

昭和52年 9月  東京都台東区浅草に東京営業所を開設。

昭和52年10月  資本金1,500万円に増資。 イオン交換純水製造システムを確立。

昭和53年 6月  大阪市東成区玉津に大阪営業所を開設。

昭和57年 5月  愛知県岩倉市大山寺町に岩倉工場を新設。

昭和59年 2月  資本金2,000万円に増資。 全自動亜鉛バレルメッキ装置を完成。

昭和62年 7月  東京支店台東区雷門に移転。 

昭和63年 1月  栃木県小山市に小山センターを新設。 プリント基板用乾燥機を生産開始。

昭和63年 3月  資本金を3,000万円に増資。 全自動フィルタープレスを完成・発売。

平成 2年 6月  岩倉第二工場を稼動。 プリント基板メッキ装置の発売。

平成 3年 8月  東南アジア向け排水処理装置の輸出活発化。

平成 6年10月  AGF型サミットフィルターの開発・量産化。

平成 7年 7月  岩倉市大山寺町に開発研究棟を新設。

平成 8年 3月  SAF型コスモフィルターの開発・発売。

平成12年 1月  資本金6000万円に増資。

平成12年 4月  大阪営業所を大阪支店に昇格。

平成14年11月  全自動隔膜式フィルタープレスを開発。

平成16年 8月  ISO9001をろ過機、及び脱水機で認証取得。

平成17年 1月  名古屋営業所を名古屋支店に昇格。

平成18年 9月  超薄物フレキシブルプリント基板の治具レス鍍金装置の開発。

平成18年10月  めっき液用大型ろ過機、JFフィルターを開発・発売。

平成19年 8月  ISO9001を全ての機種で認証取得。

平成20年 9月   九州営業所を開設。

平成26年 1月  コンパクトフィルタープレス(スマートプレス)を開発・発売。

平成26年 4月  本社を、名古屋市千種区菊坂町に移転。